それでも明日はくる

ポスレ通信

テニス

錦織の悪夢の決勝9連敗これにて終了!動画で振り返るブリスベン国際優勝の喜び

更新日:

2019年1月6日。ブリスベン国際(ATP250)の決勝でメドヴェデフを破った錦織圭が、ついに2年11ヶ月ぶりにツアー優勝を飾りました。

2016年2月のメンフィス・オープン(ATP250)優勝以降、なんと決勝戦は悪夢の9連敗を記録していましたが、その連敗記録もようやくストップしました。

ブリスベン国際の決勝戦のキレキレの戦いぶりと、優勝が決まった瞬間の錦織選手の笑顔を動画でもう一度見てみましょう。

sponsored link



Embed from Getty Images

錦織、2年11ヶ月ぶりのツアー優勝

ようやくこの日が訪れました。2019年1月6日。日本では正月休み最終日という人も多かったと思いますが、そんな明日から仕事で嫌だな~という暗い気持ちを吹き飛ばす錦織選手優勝という嬉しいニュースが飛び込んできました。

決勝の相手は第4シードのひょろ長い(196cm)ダニール・メドヴェデフ選手(22歳)でした。

昨年の楽天ジャパン・オープン決勝でも戦っている相手です。あのときは錦織選手は、2-6、4-6で負けています。

では動画で今大会の嬉しい瞬間を観ていきましょう。

【ブリスベン国際2019決勝戦(錦織vsメドヴェデフ)】

(ATP公式サイト提供)

錦織選手のバックハンドのショットが冴えわたってますね。

正月のテレビ番組の「炎の体育会TVスペシャル」で見せた20枚パネル抜きで、他のテニスプレーヤーがフォア主体で打っていた中、錦織選手は全球バックハンドで打っていましたね。

そしてパーフェクト達成。バックハンドに絶対の自信を持っているってことですね。

決勝ではバックハンドでエース量産。メドヴェデフが可哀想になるくらいエースだらけ。(まあ、編集でそうしているのですが…)

バックハンドのジャックナイフでダウン・ザ・ラインにエース取ったショットも痺れました。

しかしフォアハンドだって凄い!動画の1分5秒のアドサイドでの回り込んでの逆クロスリターン観ました?カッコ良すぎです。真似したい・・・。

最後はネットに詰めた相手に鮮やかにバックハンドパス。お見事です。

メドヴェデフの対戦相手は元1,3,5位

この大会でメドヴェデフ選手の相手は有名選手ばっかりでしたね。

シードなので1回戦は免除。2回戦の相手は元世界ランキング1位のアンディ・マレー。マレー選手は240位ですが、PR(プロテクト・ランキング)適用で出場しています。結果はメド選手の7-5、6-2のストレート勝ち。

準々決勝の相手は18位(最高3位)のラオニッチ選手。結果は、6-7[2]、6-3、6-4の逆転勝ち。

そして準決勝の相手はこちらもPR適用の239位(最高5位)のツォンガ選手。結果は、7-6[6]、6-2のストレート勝ちでした。

マレー、ツォンガともに200位台ではありますが、地力がある選手です。そしてラオニッチも少しランキングは下げていますが力のある選手です。

そんな強豪相手に勝ち進んできたメドヴェデフ選手は現在キャリアハイの16位。今後が楽しみな選手です。

決勝9連敗の内訳

前回優勝した2016年2月のメンフィス・オープンから今回のブリスベン国際までの約3年の間に、錦織選手は9回決勝に進んでいますが、そのいずれも負けています。

決勝に勝ちあがってくるほどですから強い相手に決まっているのですが、一体誰が相手でどういうスコアで負けてしまったのかが気になりますね。

まとめてみたので見てみましょう。

年月 大会 対戦相手(ランキング) スコア
2016.3 マイアミ・オープン ジョコビッチ(1) 3-6, 3-6
2016.4 バルセロナ・オープン ナダル(5) 4-6, 5-7
2016.7 ロジャーズカップ ジョコビッチ(1) 3-6, 5-7
2016.10 スイス・インドア・バーゼル チリッチ(12) 1-6, 6-7
2017.1 ブリスベン国際 ディミトロフ(17) 2-6, 6-2, 3-6
2017.2 アルゼンチン・オープン ドルゴポロフ(66) 6-7, 4-6
2018.4 モンテカルロ・オープン ナダル(1) 3-6, 2-6
2018.10 楽天ジャパン・オープン メドヴェデフ(32) 2-6, 4-6
2018.10 エルステ・バンク・オープン アンダーソン(8) 3-6, 6-7

表の一番右側の「上」「下」とは、ランキング的に格上か格下かということを表していますが、9回のうち格上が5回、格下が4回となっています。意外と格下に負けています。

しかも、スコアを見るとストレート負けが9回中8回とほとんどです。

これはどういうことでしょうか。

錦織選手ほどのベテランが決勝戦だから緊張するということはないと思いますが、2014年のUSオープン決勝でチリッチ選手に負けたことが頭をよぎったりするのでしょうかね。

もしくは、決勝までに4回、5回、6回と試合をして、決勝では疲労が残ってしまっているということでしょうか。

いずれにしても今回の優勝で悪夢の連敗に終止符が打たれましたので、今年はガンガン決勝で勝っていって欲しいですね。

ポスレ
昨年のUSオープンから絶好調!これで7大会連続ベスト8以上だねー!ってことは次の全豪オープンもベスト8確定?

錦織くんは全豪は今までに3回ベスト8に進んでるからね。今回も十分に期待できるし、今の好調ぶりならそれ以上も期待できるよねー!


錦織は2019年4月にランキング5位になる!詳細に試算したポイント内訳

錦織圭は今年2019年はやりますよ!年初は世界ランキング9位でスタートしましたが、4月には5位まで上昇させていると個人的には予想しています。 もちろん思い付きではなく、ちゃんと獲得ポイントと失効ポイン ...

続きを見る

今年くる!全豪オープンテニス2019の注目選手はジョコに勝ったあの若手3人!

いよいよ2019年のテニスシーズンが始まり、全豪オープンテニスが1/14から開催されます。錦織選手をはじめ多くの注目選手が出場しますが… 個人的に全豪オープンテニス2019で大注目している選手は3人い ...

続きを見る

炎の体育会TV出演の錦織軍のダニエル太郎と綿貫陽介のテニスプロフィール

12/15放送の「炎の体育会TVスペシャル」出演の錦織圭、ダニエル太郎、綿貫陽介の3選手ですが、「錦織くんは知ってるけど、ダニエル太郎と綿貫陽介って誰?テニス上手いの?」と思う人もいると思います。 2 ...

続きを見る

sponsored link

sponsored link

-テニス

Copyright© ポスレ通信 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.