それでも明日はくる

ポスレ通信

テニス

グランドスラムの次!大坂なおみが目指すゴールデンスラムとスーパースラムとは?

投稿日:

USオープン(2018)と全豪オープン(2019)の2つのグランドスラム大会を獲った大坂なおみ選手が目指すのは、4つのグランドスラム大会で優勝する「グランドスラム」ですね。

そしてもしもそれを達成した場合、次に目指すのが「ゴールデンスラム」と「スーパースラム」ということになります。

グランドスラムは女子では10人達成していますが、ゴールデンスラムとスーパースラムはそれぞれ2人しか達成していませんので、大坂選手には3人目の達成者になって欲しいです。

ところで、ゴールデンスラムとスーパースラムとは何でしょう?詳しく見ていきましょう。

sponsored link



Embed from Getty Images
二人ともスーパースラムを達成しているという、とんでもない夫婦(シュテフィ・グラフとアンドレ・アガシ)
Embed from Getty Images
1992年にウィンブルドンに優勝したときのグラフとアガシ

グランドスラムとは?

まずはグランドスラムについて軽くおさらいですが、グランドスラムとは次の4つの伝統ある大会に全て優勝することを言います。

大会 開催地 開催時期 コート 創設
全豪オープン メルボルン 1月 ハード 1905年
全仏オープン パリ 5-6月 クレー 1891年
ウィンブルドン ロンドン 6-7月 1877年
USオープン ニューヨーク 8-9月 ハード 1881年

1年(1月〜12月)で4つ全ての大会で優勝することを「年間グランドスラム」と呼び、期間を制限せずにとにかく4つの大会全てで優勝することを「キャリアグランドスラム」または「生涯グランドスラム」と呼びます。

グランドスラムを達成するのが難しいのは、大会によってコートのサーフェスが違うことが大きな理由の一つとなります。

ハード、クレー(土)、芝のコートはそれぞれバウンドしてからのボールの弾み方が異なります。

クレーのコートはバウンドしてから急激にボールのスピードが落ちます。なのでサービスエースやストロークエースは他のサーフェスに比べて出にくいです。ビッグサーバーよりも走り回る選手が有利なコートです。

それとは反対に芝ではバウンドしてからあまり弾まず、滑るように軌道となりますので、ビッグサーバーが有利なコートとなります。

また、大会の日程が進むにつれ、芝が荒れてきてイレギュラーが多くなるので、バウンドする前に打つネットプレーヤーのほうが有利なはずなのですが、現在のプレースタイルではあまりその辺りは関係ないようにも見えます。

ハードコートはバウンド後のスピードと弾み方はクレーと芝の中間と考えてよいと思います。コート表面が荒れることがなくイレギュラーがないので、選手にとってはプレーしやすいサーフェスと言えるでしょう。

大坂なおみ選手が優勝したのはUSオープンと全豪オープンですが、これらは両方とも大坂選手が得意なハードコートです。

グランドスラムを達成するには、クレーと芝のコートで優勝しないといけませんが、ハードコートよりも簡単ではないでしょう。

大坂なおみキャリアグランドスラムと年間グランドスラム達成の可能性について

ゴールデンスラムとは?

ゴールデンスラムとは、グランドスラム4大会すべてとオリンピックで優勝することです。

これまで男子はアンドレ・アガシただ1人が達成しており、女子はシュテフィ・グラフとセリーナ・ウィリアムズの2人が達成しています。

この中でグラフは年間ゴールデンスラム(1988年)を達成している唯一の選手となります。

グランドスラム大会は毎年開催されますが、オリンピックは4年に一度なのでゴールデンスラムの達成は格段に難易度が上がります。

グランドスラム達成者は男子は8人、女子は10人いますが、そのうちゴールデンスラムを達成したのはそれぞれ1人と2人ですからね。

大坂なおみ選手は現在21歳なので、来年2020年の東京オリンピック、2024年のパリオリンピック、2028年のロサンゼルスオリンピックくらいまでは十分に金メダルの可能性がありそうです。

男女通じて史上4人目のゴールデンスラムも期待してよいのではないでしょうか。

Embed from Getty Images
1988年ソウル五輪で優勝したシュテフィ・グラフ

Embed from Getty Images
1996年アトランタ五輪で優勝したアンドレ・アガシ

Embed from Getty Images
2012年ロンドン五輪で優勝したセリーナ・ウィリアムズ

スーパースラムとは?

スーパースラムとは、グランドスラム4大会、オリンピック、およびツアー最終戦の全てで優勝することです。

これまでの達成者はゴールデンスラムと一緒で、男子はアンドレ・アガシ、女子はシュテフィ・グラフとセリーナ・ウィリアムズの3人です。

シュテフィ・グラフは年間で達成はしていませんが、1987年のツアー最終戦で優勝し、1988年にゴールデンスラムを達成しているので、それらの6つの大会は連続しています。

ゴールデンスラムとスーパースラムの達成者が同じということは、ゴールデンスラムを達成するほどの実力者はツアー最終戦でも優勝できると言えるかもしれませんね。

ポスレ
大坂なおみちゃんにもスーパースラムを達成してもらいたいよねー。スーパースラム達成の一番のカギはやはりオリンピックなんだね。ぜひ来年の東京オリンピックでは金メダルを獲って欲しいね。

ちなみにこの記事ではシングルス限定で書いてるけど、ダブルスやミックスダブルスを加えたら、それぞれの達成者はもっと居ますよー。


錦織は2019年4月にランキング5位になる!詳細に試算したポイント内訳

錦織圭は今年2019年はやりますよ!年初は世界ランキング9位でスタートしましたが、4月には5位まで上昇させていると個人的には予想しています。 もちろん思い付きではなく、ちゃんと獲得ポイントと失効ポイン ...

続きを見る

全豪テニスで前代未聞のチャレンジ発生!カレーニョ・ブスタはなぜ抗議したのか?

全豪オープンテニス4回戦の錦織vsPCB(パブロ・カレーニョ・ブスタ)戦で前代未聞のチャレンジが発生しました。 なぜ前代未聞かというと、チャンレンジの結果がOUTかINのどちらであっても、チャレンジを ...

続きを見る

錦織が全豪で使っている青いラケットがカッコいい!BURNからいつ変わった?

錦織選手がウィルソンの新しい青いラケットを使い始めたのは2019年シーズンに入ってからです。そして最初のツアー大会のブリスベン国際(ATP250)で優勝するという幸先の良いスタートを切りました。 この ...

続きを見る

sponsored link

sponsored link

-テニス

Copyright© ポスレ通信 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.