それでも明日はくる

ポスレ通信

ライフ

子供を自転車乗り方教室に行かせる前に試したい練習方法と乗れた後にやること

投稿日:

子供は親がびっくりするくらい凄いスピードで成長していきますが、最も成長を実感することの一つは自転車に乗れるようになることではないでしょうか?

子供の頃に自転車に乗れた時のことを覚えている親は、自分の子供にもあの時の感動を味わって欲しいと願っているわけだし、自転車の乗り方も知っています。だから自転車の乗り方を教えたいという気持ちが強いわけです。

一方、子供の方も自転車に乗れたらカッコイイし世界が変わると思っています。だから是非とも乗りたい!お父さんかお母さんに教えてもらいたい!と思っているはずです。

という具合に自転車に乗るということは、親と子が気持ちを一つにして同じ目標を達成する絶好のチャンスなのです。

できれば自転車の乗り方教室に行かせないで、親の手で子供に自転車の乗り方を教えてあげたいですよね。

でも何回かチャレンジしてみたけど上手く乗れるようにならなかった・・・。

という方のために乗り方教室に行かせる前に最後に試してもらいたい練習方法について説明します。

また、上手く乗れるようになった後に、安全に運転できるように練習しておくべきことについても解説します。

sponsored link


間違った練習方法

自転車に乗れるようになるための練習といえば、補助輪を外した自転車に子供を乗せて、大人が自転車の後ろの部分を掴み、押してスピードを出して手を離す、という場面が浮かびませんか?

古くからある練習方法ですね。きっと多くの大人がこの方法で補助輪なしの自転車に乗れるようになったことでしょう。

でも思い出してみると、何回も何回も転んで、何日も何日も練習を繰り返した記憶はありませんか?

おそらく運動神経の良い子はこれでもすぐに乗れるようになるのかもしれませんが、多くの子供は乗れるようになるまでに結構な時間を要するはずです。

これは間違った練習方法とまでは言えないかもしれませんが、効率の悪い練習方法であることは間違いないです。

ではなぜ効率が悪いかと言えば、自転車に乗るために必要な2つのことを同時に習得しようとしているからです。

その2つとは「バランスを取ること」と「ペダリング」です。

これら2つのことを順番に習得していくことで驚くほど速く自転車に乗れるようになります。

まずはバランスを取る練習をする

まずはバランスを取って自転車に乗る練習をしなくてはいけません。

普通の自転車は大人用であっても子供用であっても必ずペダルが付いていますが、実はこれがあるためにバランス取るという練習が出来ないのです。

ペダルがそこにあることから、ペダルを漕ぐことに頭がいってしまい、バランスとペダリングの両方を同時に考えざるを得ないという状況を作り出していたわけです。

ですので、ペダルを取り外してしまえば良いのです。

が、取り外すのは結構面倒くさいです。

DIYに慣れた人なら、子供用の自転車からペダルを取り外してください。

また後でペダルを取り付ける作業もありますので、苦と思わないのであれば早速やってみましょう。

もしも面倒くさいとか、工具がないとか、苦手というのであればストライダーという最初からペダルが付いていない自転車があります。


(STRIDER JAPAN 公式サイトより)

STRIDER JAPAN 公式サイト・トップページ

ペダルなしで、自分の足で地面を蹴って前に進むことになりますが、ペダリングの動作がないので、バランスを取ることに集中でき、すぐに倒れないで乗れるようになります。

次にペダリングの練習をする

ペダルなし自転車で倒れないで乗れるようになったら、ペダルを取り付けた自転車を運転させましょう。

すでにバランスを取って乗れるようになっているので、ペダルが付いても倒れずに乗れるはずです。

もしもまだフラフラ不安定だと感じたら、もう少しペダルなし自転車でバランス感覚を覚える練習を続けた方が良いでしょう。

乗れた後にする練習

ペダルを漕ぎながらバランスを取って自転車を走らせることが出来たら、次に必ず練習させたいことがあります。

それはゆっくり運転させることです。

速く走るのはペダルを強く速く踏めば出来るのですが、ゆっくり走らせることは自転車に乗れ始めた頃は意外と難しいものです。

車も人もいない広い道を走らせるなら、遅く走る技術はあまり必要ないですが、街中を走る場合は人が前を歩いていたりしてなかなか思うようなスピードでは走れません。

そこでゆっくりと走る技術が必要になるわけです。

また、細い道でUターンをしようとする場合も、ゆっくり走れないと上手くUターンできないでしょう。

というわけで、遅いスピードで走る練習もするようにしてくださいね。

ポスレ
ゆっくり走る練習はお父さんかお母さんとゆっくり競争をして覚えるのがいいよね。

「ここからあの電柱までゆっくり走った方が勝ちね」と楽しみながらゆっくり走る技術を身につけさせようね。

sponsored link

sponsored link

-ライフ

Copyright© ポスレ通信 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.