それでも明日はくる

ポスレ通信

イベント

【文化の日の面白い雑学】文化の日の名前の由来をどう子供に説明するか?

投稿日:

日本の祝日の中でそのネーミングがよく分からない日 第1位が「文化の日」だと個人的には思っているのですが、皆さんご存知でしょうか?

文化の日の名前の由来を聞かれたら、どう子供に説明すれば分かってもらえるでしょうか?

そのそも文化の日がどういう日なのか大人でもきちんと分かっている人は少ないのではないでしょうか。

文化の日について正しく理解して子供に説明できるようにしておきましょう。

sponsored link



Embed from Getty Images

文化の日とは?

「文化的なことをする日でしょ?」というのはある意味正しいです。

祝日法では「自由と平和を愛し、文化をすすめる」日と定められているので、この日に文化をすすめてください。(すすめるって何?(-_-;)まあ、それは置いといて)

元々は何の日かはお分かりですよね。日本国憲法が公布された日です。

発布されたのはその半年後の1947年5月3日です。翌年1948年公布・発布の祝日法で、5月3日は「憲法記念日」となりましたね。

11月3日は「日本国憲法公布の日」では紛らわしいということで、当時の祝日法制定の中心人物の山本勇造氏は考えました。

「日本国憲法は自由と平和を愛し、文化を重視しているのだから、『文化の日』でよいのではないか?」と。

これが「文化の日」と名付けられた真相です。

文化的なことをする日というよりは、先人たちの努力の末に辿り着いた自由と平和について考える日としたほうが、よりしっくりくると個人的には思います。

11月3日はある歴史上の人物のバースデー

実は11月3日というのは明治天皇の誕生日で、昭和前期はそれを祝う「明治節」という祝日だったのです。

1948年の祝日法制定で「明治節」はなくなりましたが、日本国憲法の公布を敢えて11月3日にすることにより名前を変えて明治天皇の誕生日が残っていると考えることも出来ます。

実際に祝祭日の改正の議論の場で「明治時代を永久に思い出して行きたい」という答弁も行なわれており、その可能性は高いと考えられています。

明治維新で新しい日本が生まれた激動の明治時代を思い出す日として、「文化の日」は相応しいのではないでしょうか?

文化の日をこう子供に説明しよう

パパへね、16日ある日本の祝日の中で「文化の日」が一番面白いと思ってるんだよ。何でかというと、この日にはある隠された秘密があるからだよ。(ちょっと大げさですが・・)

だいたい文化の日って何をするのかよく分からないよね。文化的なことをしましょうっていう日だと普通は考えるけど、文化的なことって何ですか?ってことだよね。

文化の日って何で祝日になったかというと、日本国憲法が公布されたのを記念して祝日になったんだよ。

でもね、実は別の理由も隠されているとパパは思っているんだよね。

11月3日というのは明治天皇の誕生日だったんだよ。昔は「明治節」と呼んでいたんだよ。

でも、太平洋戦争が終わって、あまり天皇を前面に押し出したくない人たち、GHQだね、が「それはもうやめなさい」と言ったんだと思う。

でも、日本にとって大きなターニングポイントだった明治という時代を何とかカレンダーに残したかった日本の政府の人たちは、苦肉の策で無理やり憲法の公布日を11月3日にして「文化の日」という名前で明治天皇の誕生日を残したんだろうね。

これのことを分かっていると、文化の日ってまた違った味わいがあるよ。

sponsored link

sponsored link

-イベント

Copyright© ポスレ通信 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.