それでも明日はくる

ポスレ通信

テレビ・芸能

失恋して3年 リカの名言が素敵すぎる!(東京ラブストーリー最終回)

投稿日:

不朽の名作「東京ラブストーリー」の最終回で、3年振りに偶然再会したカンチにリカが語る言葉が名言すぎます。

人は誰でも人生で一度や二度、辛くて立ち直れないくらいの失恋を経験するものです。

それでも明日はくる。そして、その苦しさを和らげるものは2つあると思います。

1つは時間。氷が溶けるように、時間が失恋した心の苦悩を少しずつ溶かしていってくれます。

そしてもう1つは心が温まる言葉たち。本や映画で目や耳にした言葉が苦しさを和らげてくれることも多々あるでしょう。

ドラマ「東京ラブストーリー」の最終回でリカがカンチに言った(きっと自分に言い聞かせた)セリフがとても心温まる言葉なので紹介します。

sponsored link



Embed from Getty Images

最終回ざっくりあらすじ

リカの熱すぎる気持ちをカンチはだんだんと重く感じ始めます。

そして同じ時期にリカの海外転勤の話が浮上してきます。

自分が原因で、海外転勤というリカの夢を壊してはいけないと考え(すぎ)たカンチは、リカと別れる道を選びます。

しかし最後までカンチの心は揺れ動き、気持ちがやっぱりリカへと変わりかけますが、時すでに遅し。

リカは海外へと旅立ってしまいました。

しかし、リカは半年で海外支社を辞めて、音信不通となります。

それから3年後。

カンチは初恋の女性の関口さとみと結婚していて、ある日、二人で街を歩いていると、偶然にもリカと出くわします。

「やあ、長尾くんじゃない」と微笑みながら言うリカ。

さとみは気を使い、「私、買い物してくるから、二人で同窓会しなよ」と言ってその場を去ります。

リカとカンチはどこかのビルの屋上でお互いの近況を報告します。

リカ 「いい奥さんもらったね」

カンチ「そっちは?」

リカ 「一人には慣れてるから」

カンチ「そんなもん慣れるなよ」

というやり取りの後にリカが次のように語ります。

リカのセリフ

そんなさあ、一生のうちに人を好きになるなんて、そうそうあるもんじゃないんだから。

好きになったらあっという間なんだけどさ。

でも、だから、長尾くんを好きになれたこと大切に思ってる。思えるよ。

好きになったこと。好きになってくれたこと。

いつも(胸に手を置いて)ここを元気にしてくれる。

あしたこの恋がどうなるかとか考えて人を好きになるわけじゃないし。

あの時の私がいるから今の私がいるんだから。

ちゃーんと自分に言ってあげられるよ。よくやったねってさ。

あの時の私がいるから今の私がいる

リカのセリフから、リカのカンチへの思いはかなり大きかったことが窺えますね。

3年経ってもあれ以上の恋愛ができていないようです。

一方的に振られた形となってしまったのに、それでも呪詛することもなく、寧ろ感謝の気持ちすらあるように聞こえます。

あの時の経験や気持ちを忘れてしまったわけではなく、かと言ってあの時の恋を引きずっているわけでもなく、辛かった気持ちを昇華させて、いまの自分を作り上げた大切な思い出であり出来事であったと胸を張って言えるようになっています。

その時は苦しくて辛かったとしても、人生において無駄な経験なんて一つもない。それらの積み重ねが今の自分を作ったわけで、その時の自分を誇りに思いたい。

そんな前向きな言葉がリカの口から出てきます。

言葉の力

失恋したときに相手を罵倒して、恨んで憎むという感情を持ってしまいがちですが、それは決して前向きな行ないではなかったと、多くの人が過去を振り返った時に思うことです。

感情が昂ぶっている時になかなかできることではありませんが、失恋して苦しいときでも、「この経験は決して無駄にはならない」「未来のより良い自分を作る経験をさせてくれて寧ろよかった」と少しでも前向きに考えるようにしたいですね。

もしも周りの誰かが失恋して苦しんでいたら、そのことを伝えてあげましょう。

前向きな言葉を(渋々でも)口にしていると、不思議なことに気持ちも前向きになってきます。これホント。

いつまでも恨みや後悔の気持ちを持つよりも、前向きな言葉があなたを元気にしてくれるのです。

ポスレ
カンチと出会えて人生ちょっと得したかも、ってリカちゃんがカンチへの絵葉書に書いてるんだよねー。

人生を豊かにしたのはカンチも一緒だと思うなー。

別れたとしても、お互いの人生が少しでも成長したものになる恋愛がいいよねー。

そんな恋愛は人生でなかなかないけどねー。

続編ドラマも観たい!「東京ラブストーリー25年後」の無料ネット漫画ならココ!

先週の金曜日(9/14)から「東京ラブストーリー」が再放送されていますね。2004年以来、実に14年ぶりということで大きな話題となっています。 そしてドラマの再放送に伴って、2年前にコミック化された「 ...

続きを見る

sponsored link

sponsored link

-テレビ・芸能

Copyright© ポスレ通信 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.