それでも明日はくる

ポスレ通信

テニス

テニスの上達に絶対必要!威力のあるスピンサーブの打ち方のコツ

投稿日:

初中級のテニスプレーヤーにとって一番苦手なショットはサーブではないでしょうか? 特にスピンサーブ。

「スピンを掛けてサーブの確率を上げましょう」とテニススクールでは習うし、テニス雑誌のサービス特集でもよく書かれています。

理屈は分かるし、スピンを掛けるようにはしているけれど、どうしてもスピードの遅い弱々しいサーブになってしまうんです。セカンドサーブは特に。という人は結構多いのではないでしょうか?

どうすればもっと威力のあるスピンサーブを打つことができるのか、その打ち方のコツについて解説します。

sponsored link



Embed from Getty Images
(ティエムのスピンサーブ)

なぜサーブに苦手意識を持つのか

テニスにおいてサーブというショットは自分から始められる唯一のショットです。

相手からの影響を全く受けません。自分のタイミングで、自分の狙った所に、自分が思うような球種で打つことができる、最も有利な状況を作り出せるショットと言えます。

しかしサーブを苦手とするプレーヤーが多いのもまた事実です。

なぜサーブに苦手意識を持つかというと、それはダブルフォールトを恐れているからです。

ダブルフォールトを恐れるあまりに、「ファーストサーブがもしも入らなかったら、きっとセカンドサーブも入らずダブルフォールトだ」とファーストサーブを打つ前から弱気になってしまうわけです。

そうなるとファーストから「入れるだけの」サーブを打つことになります。これでは相手に叩かれてしまいます。

威力のあるサービスが必要な理由

この弱気の気持ちを克服するためにも「威力のあるスピンサーブ」が必要になるのです。

威力がないスピンサーブは入れるだけのサーブと同じです。リターンの餌食になり、ちょうどいい高さでバチンと叩かれてしまいます。

そして、威力のあるスピンサーブならファーストサーブとしても使えます。

ファーストの確率も上がるし、もしもファーストをフォールトしたとしても、セカンドでもスピンサーブを使えば、直前に同じ球種で打っているので、ミスする確率がグッと減ります。

威力のあるスピンサーブというのは中上級レベルを目指すなら習得すべきサーブなのです。

威力を増すために回内(エクスプローション)+内旋を意識せよ

さて、よくサーブの教科書には腕の使い方として、回内(エクスプローション)を十分に効かせなさいということが書かれています。

間違ってはいませんが、威力のあるサーブを打つ場合、これだけでは不十分です。肩の内旋運動も十分に効かせる必要があります。

これはどんなサーブにも言えることで、もちろん威力のあるスピンサーブを打つ場合にも意識しないといけません。

内旋についてさらに詳しく

ここで言葉の確認ですが、回内(エクスプローション)というのは、肘から先を内側に捻る動作のことですが、これはテニス雑誌などで必ず出てくる言葉なのでご存知の方も多いと思います。

ボクシングでも内側に捻ることによってパンチの威力を高めていますね。

では肩の内旋とはどういう運動でしょうか?

腕を前に出して手のひらを内側に向けてください。「前へならえ」の恰好ですね。そこから肘を上に90°折り曲げてください。指先が上を向いてますね。

そのまま肘が90°のまま手のひらが下に向くように腕を内側に倒してみてください。それが肩の内旋運動です。

サーブをするときにこの内旋運動をより意識することです。

この動画がすごーく分かりやすいです。

(TennisHouseFun 公式サイト提供)

動画ではプロネーション(回内)を使うと説明していますが、内旋も含んで「プロネーション」という言葉を使っていることを意識して動画を観てみてください。

威力のあるスピンサーブの打ち方まとめ

サーブを打つ動きには必ず内旋運動が含まれていますが、意識しないと弱々しい動きになってしまいます。

より強烈に内旋運動をすることにより、ボールにパワーが加わり、威力のあるサーブが打てるというわけです。

スピンサーブなので上方向の動きは意識されますが、それだけだとどうしても威力のないスピンサーブになってしまいます。

それプラス前に飛ばすために、ぜひこの内旋運動も強く意識するようにしましょう。

あ〜錦織、死のドロー2018パリマスターズ ドロー発表!ナダル出るのか!

ついに2018年のパリマスターズのドローが発表されました! 錦織選手は勝ち上がると、準々決勝で早くもフェデラーと対戦することになりそうです。フェデラーに勝ってもその次はジョコビッチです。 フェデラーに ...

続きを見る

錦織の決勝T進出のシナリオを予想してみた(ATPツアーファイナルズ)

「いやあ〜錦織、ジョコビッチと同じ組でなくて良かった〜」というのが錦織を含めて錦織ファンの思いではないでしょうか。「もしかして決勝トーナメントに進出できちゃう?」と予想する人も… 11/11から開催さ ...

続きを見る

3人制テニス「トリプルス」って何?リベロとボールとルールの話

テニスの1対1はシングル、2対2はダブルス、そして今年ついに正式な大会が開催された3対3のテニス、それが「トリプルス」です。 トリプルスではリベロと呼ばれるプレーヤーが増えます。それに伴いトリプルス特 ...

続きを見る

sponsored link

sponsored link

-テニス

Copyright© ポスレ通信 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.